治療器具について知る

矯正治療と矯正器具について

矯正歯科治療にはさまざまな種類の矯正器具があります。各器具ごとに長所や短所が違うため、医師と相談しながら適切な矯正器具を選ぶことが重要です。 矯正歯科治療には、ワイヤーとブラケットを使用した「マルチブラケット法」、マウスピース型の「インビザライン」、ゆるやかな力で歯を矯正する「セルフライゲーションシステム」などがあります。 「マルチブラケット法」は最もポピュラーな矯正歯科治療であり、皆さんが思い浮かべる器具だと思います。コストがかからず、さまざまな症状に合うことから一番長い歴史を持つ治療器具です。 「インビザライン」本体が透明で薄く、着脱可能の矯正マウスピースです。審美性の良さから、職場で働く大人の患者さんから絶大の支持を受けています。 「セルフライゲーションシステム」は従来のような矯正力よりも小さな力で矯正することで治療期間を短くする装置です。代表的なもので「デーモンシステム」などがあげられ、これからはより主力として普及していくものと考えられています。

矯正装置と総額費用について

矯正歯科治療は、矯正装置の違いによって治療費が多少上下することになります。 「マルチブラケット法」は矯正装置の中でも費用がかかりませんが、ブラケットの材質を変更することにより多少金額がかかるようになります。変更する理由としては、主に審美性を高めることがあげられます。一般的な金属ブラケットですと、大人の患者さんであれば70万円前後となるようです。 「インビザライン」は症状にもよりますが、100万円前後とされています。しかし、審美性が高く着脱可能なことから積極的に利用される方も多いようです。 「セルフライゲーションシステム」は各メーカーにもよりますが80万円前後となるようです。治療期間が短く済むため、マルチブラケット法よりも好まれる方は多いようです。