専用器具での治療

一般的な歯列矯正器具について

矯正歯科治療のための矯正装置にはさまざまなタイプのものが存在しています。中でも、ブラケットとワイヤーを組み合わせた「マルチブラケット」は、材質や装着場所を変えることによりさまざまな特性を作り上げることができます。 例えば、ブラケットの部分を白や透明の材質に変更することで周囲から気付かれにくくすることができます。従来のものは金属タイプのものが定番とされてきましたが、このような審美性を強化したものは大人の患者さんから人気が集まりました。 さらに、歯の裏側に装着することにより周囲から見えにくくする「リンガルブラケット」にも注目が集まりました。マルチブラケットと同様にワイヤーやブラケットによって矯正しますが、こちらも大人の患者さんに人気があります。

矯正治療とインビザライン

審美性を高めた矯正器具ということであれば「インビザライン」と呼ばれるマウスピース型矯正器具があげられます。インビザラインは従来までのワイヤーやブラケットを使用せず、透明で薄いマウスピースを装着することにより矯正歯科治療を進めます。これにより、今までの矯正器具には無い特性が誕生しました。 特長的とされたのが、マウスピースであるがために着脱可能という点です。従来の装置は矯正歯科治療中に取り外すことができず、食事や歯磨きの際に違和感を感じる方も多くいました。しかし、インビザラインは着脱可能ということなので、食事前や歯磨き前に外しておくことで不快な思いをしなくて済むようになったのです。 また、矯正歯科治療において現在ある矯正器具の中でも最も審美性が優れているとされ、着用していても周囲の人に気付かれなくなりました。